FC2ブログ

真・まうんてんの宿屋

フィドル奏者 井上陽介のBlog。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

インターネット老人会

computer_crt_monitor_desktop.png
久々にTwitterを徘徊したところ、こんな記事にでくわしまして

集まれ「インターネット老人会」 - 文春オンライン

ダイヤルアップの時代からネットにつないでるとか、開設当初から2ちゃんねるに入り浸ってるとか、そういう武勇伝はほぼないんですけれども、それなりにネットにつないでたので過去を懐かしみつつ振り返ってみようかと思い、つらつら書いてみます。

うちにはWindows3.1(古ッ!)が入ったPC-98がありまして、話題のWindows 95(これも古ッッ)をインストールしたりしてたわけです。
雑誌なんかには「インターネットの時代が来る!」とデカデカ書いてありましたが、なんせ当時中学生。なんのこっちゃわかりません。win95をインストールしたら初代Internet Explorerも入ってたわけですが、電話回線やらなんやらがよくわからず断念、というか繋ぐ気も特になく。
いろんなメディアで「インターネット」という言葉を見かけるようになりましたが、興味はあれども「インターネット」というものをどうやって使うのかもよくわからない。

実際に使うようになったのは大学に入ってから。図書館にPCルームがあったのですが、そこからインターネットに接続することができました。ブログ主、インターネットと初接近遭遇!
当時のPCはWindows 98。ちょっとでも重くする処理をしようもんならパツイチでフリーズです。Ctrl+Alt+Deleteを長押しして、復旧できるかつったらピクリともせず、イラつきながらPCを再起動してたような時代です。
当時やっていたクラシックのサイトとかもよく見てたんですが、一番見てたのは子供のころハマってたゾイドのサイトw
大学3年になったくらいから他大学の友達がやってたサイト見に行ったり、自分が所属してたオーケストラのサイト管理などをやるようになりました。といってもサイト管理は基本放置でしたが。

しばらくするとi modeとかいうのが出てきてケータイでネットに接続できるようになりました。
魔法のiらんどとかいう数々の黒歴史を生み出してきたサイトで、ブログ主もまた黒歴史をひり出すようになるのです。
といっても運良く大学生になって多少の分別は付いてたのでハンドルネームに✝←こんなマーク付けたり掲示板で(爆)とか(核爆)とか使うようなイタイ展開にはならずに済んだのです。これが高校前半とかだとヤバかったかもしれんな。
このころは同じ大学に通ってたイトコの家でネットが開通して、図書館かイトコ家でネットをよく見るようになりました。
友人がストーカー被害にあってたので対策を調べてたところ「侍魂」というサイトにブチ当たって一しきり笑った後に現実に戻って鬱になってたのも今となっては懐かしい。ここらへんでテキストサイトというものを知って、メジャーどころはけっこう見るようになりました。「ろじぱら」さんとか今でも更新してるのが恐ろしい。ここらへんの人たちは今ではネットコンテンツ系の仕事をしてる人も多いらしいですね。ヨッピーさんとか。
自分のサイトは掲示板がサークルの現役・OB・トレーナーを交えて異様に盛り上がっていたのが今となっては懐かしい。
掲示板が今でいうSNS的な感じになっていた。今ではぜったいあり得ないよね…wまだ業者とかも少なかったし、いてもサクッと消せる程度にしかいなかった。
ぶっちゃけ未だにネットの海に転がってるので当時入り浸ってた人は探してみるといいさ!多分そんな黒歴史はないはず。あっても手ぇ出せないけどw

とか何とか書いてるけど、実際自分の家にネット引いたのはもっと後。YouTubeとかが出てくる直前くらいです。
YouTubeに加えてmixiやニコニコ動画なんかも出てきて盛り上がってきたくらいから黎明期って感じではなくなってきたような印象があります。
ニコニコ動画は順調にプレミアム会員が減り、mixiなんてたまにログインすると焼け野原ですけど、YouTubeが未だにブイブイ言わせてたり、FacebookやTwitterが頑張ってるのをみるともうちょい何とかならんかったんだろうかという気もします。
スポンサーサイト



 日記

 インターネット老人会

0 Comments

Leave a comment