FC2ブログ

真・まうんてんの宿屋

フィドル奏者 井上陽介のBlog。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

やきうレギュラーシーズンしゅうりょう

araisan.jpg


忙しくて今年はあんまり見れなかった…。体調崩して静養してる時くらいかな、落ち着いて見れたのw
そんな感じであれよあれよとレギュラーシーズン終わり。いや、日程の関係で終わってないところもあるみたいですが。
我らがソフトバンクホークスは2位!正直、一時期はBクラスも覚悟してたけど夏以降新たな選手がどんどん出てきて調子を取り戻しましたね。終わってみればパリーグのAクラスはホークス、日ハム、その他というよく見る組み合わせでした。
西武は息切れするんじゃないかと思ってましたけど、最後まで突っ切りましたね。久々に強い西武を見た気がします。
今年は引退・退任がけっこう多いですね。

・金本監督退任
まあ、正直あまりビックリはしなかったです。ただ、阪神のフロントの体質からして客が入るから続投するんじゃね?と思ってたのでそこは意外。
いろいろなところで語りつくされていることではあるけど、昭和の体育会系体質というのはもう通用しないんだろうなぁという印象。
やっぱり選手をマスコミを通して扱き下ろしすぎで、コーチと選手どちらを守りたいのかようわからんところでした。藤浪に161球晒し投げさせた時点で、どのような意図があろうとも監督としては最悪の部類だと思いますし。実際あれ以降藤浪はパッとしません。

この退任劇で思うのは、優秀なプレーヤー=優秀なマネージャーではないということ。いや、ブログ主も前の会社では部下を持ってたりしましたし、今は今でセッションとか回したりしてるのでいちプレーヤーではいられないのですよ。そこにはマネージメントという要素が必ず必要になります。身につまされる。
そのマネージメント能力はプレーヤーとは全く異なる側面なので、そこは新たに経験を積んでいくしかないのですよね。そういう意味で金本が監督になるのは拙速であったと思います。兄貴分的な選手と監督はやっぱ違うな、と。
こうやって優秀なプレーヤーがいきなりマネージャーになってグダグダになるのは日本社会ではよく見受けられることですが、そろそろこの違いをしっかり把握しないと日本がヤベぇ、とか思ったりします。

選手育成についても昭和の体育会系丸出しで、今の若い世代には合わんのだろうなと思います。人を育てようとすると、自分が育てられたやり方を踏襲しがちなのはよくある話で、金本はそれで育ったけどみんながみんなそれで育つわけではないということでしょうね。ここらへんも微妙に身につまされます。
広島の緒方監督はここらへんのやり方をドラスティックに変えて成功しましたが、その陰には「マスコミに選手の悪口は言わない方がいい」と意見した家族、また前任の野村監督の著書を監督室にこっそり置いた菊池あたりの功績が大きいのでしょうね。
しかし、見るからに頑固な緒方監督がそれで考えを変えたというのは驚きではあります。献身的なご家族の支えがあるというのは、それだけよき家庭人でもいらっしゃるのでしょう。
同じカープ出身の二人ですが、引退後2軍のスタッフとして再出発、コーチ等を歴任した上で監督に就任、頑固ではあるものの柔軟に自分のスタイルを変えることができた緒方監督。ちょこっと解説した後いきなり監督になった金本監督。明暗ははっきり分かれましたね。カープは今まで育ててきた選手が花開いたというのも大きいでしょうが。

しかし、阪神の一番の問題はヴィジョンがようわからんフロントと、罵声ばっかり飛ばしてるファンだと思うなぁ。
アウェイ球場で若い女の子が座ってる前の座席に蹴り入れまくるファンとか、正直なんとかしなさいよと思う(某知人の目撃談)


・西岡、戦力外
2006年のWBCとか輝いてたのになぁ。その前の年にホークスが捲くられたとか、33-4の原動力だったのにねぇ。
あの守備妨害でゲームセットで日本シリーズ終了は正直今でもどうかと思う。まあ、そのおかげで甲子園に戻らずに済んだのでよかったっちゃよかったけどさw
ちなみにブログ主はあの時のあたふたしてるサファテの印象が強いので「絶対的守護神」とか言われても未だにピンと来ないのであった。でも帰ってきてね、待ってるから。


・本多、引退
ぶっちゃけそこまで大好きだー!というわけではなかったんだけど(失礼)、セレモニーのあいさつは正直かなり来てしまった。ブログ主が野球を見るようになってからの選手なので、やっぱり感慨深かったのかなぁ。
セレモニーには現在一軍に参加していない内川や今宮なども来てました。一番意外だったのは細川w人のセレモニー来てる場合ちゃうやろあんたw就職活動か?と思ってしまったブログ主の心はまっ黒け。でもよかったら戻ってきて。おなしゃす。
他のチームの選手も来てて、ああ、本当に人望があるんだなぁと。
若鷹を育ててほしいとかいろいろ願望はありますが、まずはお疲れさまでした。ゆっくり休んでくれー!


・新井さん引退
正直、2014年に自由契約になった時、取る球団ないんじゃねーか?と思ってました。と、そこでまさかの広島復帰。
いいですか、今でこそ新井さんはネタ画像も豊富だけど素晴らしいベテラン扱いですが、そのころはネタ画像だけは豊富なロートルという評価だったのですよ、ブログ主も含めて(すいませんでした)
復帰してもツラゲ量産してカープファンからブーイング喰らってそのまま気が付いたら引退だと思ってたくらいです。今でいう村田くらいの微妙な扱い。

そこからの復活劇の凄まじさたるや

いや、どうも己を捨てるような勢いで鬼気迫る練習をしているという報道をみて、ひょっとすると…という予感はなくもなかったです。
しかし、これが黒田とともに2016優勝の立役者となり、胴上げまでされるというのは信じられない光景であり、そして誠実に物事に取り組めば夢は叶うということをブログ主に見せつけてくれたのでした。
今でこそ「あらいさーん」と黄色い声援飛び交ってますけど、戻って来てからほんとにがむしゃらにやったからこその光景なんだよなぁ。
広島、がんばってほしい。そしてレプラコーンを歓喜の渦に叩っこんじゃってくださいw
スポンサーサイト



 スポーツ

 プロ野球 引退

0 Comments

Leave a comment