FC2ブログ

真・まうんてんの宿屋

フィドル奏者 井上陽介のBlog。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

音源・楽譜 -The Sligo Maid

リール"The Sligo Maid"です

デニス・マーフィーが参加している青空セッション。1972年とのことでかなり古い映像の様です。レンスター地方、カウンティ・ミーズで行われたとのこと。ミーズ州はダブリンのすぐ西側です。
Lucy Campbell's-The Sligo Maidのセットです。このブログではSligo Maidが始まったタイミングで再生するように設定していますが、ぜひぜひLucy Campbell'sも聴いてみてくださいね!両方とも超有名チューンです。



ケヴィン・バークの演奏。彼の両親はスライゴー出身だとか。彼自身もスライゴーをよく訪れてミュージシャンとしてのキャリアを積んでいったようです。



パディ・キロランの演奏。



ヒストリカル?な演奏が続いたので、ここでWe Banjo 3のメンバーとして活躍しているファーガル・スカヒルを。


Sligo Maid, The-1
楽譜はこちら。キーはA dorianで、このキーのリールの中では"The Congress"同様かなり有名な部類に入ると思います。というかたまにBパートがごっちゃになる
"Sligo Maid"のMaidはいわゆるメイドさんではなくて若い女の子のことを指します。スライゴーはご存知スライゴー州の州都で、コナハト地方ではゴールウェイに次いで人口の多い街だとか。
スライゴー州にはウィリアム・バトラー・イェイツの墓があったり、ケヴィン・バークが何かと縁が深かったりと、アイルランドの文化・芸術とはとても縁の深いところです。
そのうちスライゴーも行きたいなぁ。
スポンサーサイト



 Irish 楽譜・録音

 アイルランド音楽 ケルト 楽譜 音源

0 Comments

Leave a comment