FC2ブログ

真・まうんてんの宿屋

フィドル奏者 井上陽介のBlog。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

RE I WA

Yoshihide_Suga_announcing_new_imperial_era_Reiwa_2.jpg

新元号は「令和」に決まったそうですね!ブログ主は最初「平和」と聞き間違えました。某先輩は「明和」と聞き間違えてまさかの再利用かと思ったとかw
ニュースでは今までの元号も紹介されてて、「大化」が元号だったのを初めて知ったブログ主でした…w
元号が使われ始めたばかりころは「白雉」とか「朱鳥」とかカッチョいい元号もあったみたいなのでそういうのを期待してました(中二病)

「令和」ってなんか変な元号やなぁ…と一瞬思いました。が、考えてみれば「平成」が発表された時の違和感はこんなもんじゃなかった気がするので別にいいのかな?w当時はブログ主も小学生。友達と「平成」って変じゃね?なんて言ってましたが慣れるもんです。

今までの元号は中国の古典に由来することが多かったようなのですが、令和は万葉集に由来するもののようです。
とは言っても今回選ばれた句は中国古典に由来するものであるようなのですが。
古典の成績が壊滅的だったブログ主が言うのも非常にアレですが、万葉集から選ばれたというのはとてもよいですね。
その時代と、2019年現在の日本が繋がるような気がします。

-初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす

令月とはよき月、めでたき月を表すそうです。何とも「和」の心を感じさせる、覚えよき句ではありませんか。
その美しい光景が目に浮かぶようです。

改元、というのも最初はふーん、くらいでしたが実際に近づいてくると何だかわくわくしてくるものですねw
平成が発表された時は昭和天皇が崩御された直後で、何か襟を正すかのような厳粛な雰囲気がありました。
今回はどちらかというとお祭りのような雰囲気がありますが、どちらも時代の節目として印象に残るのだろうなと思います。

平成もなかなか大変な時代でしたが、令和もきっといろいろな出来事があるでしょう。
とは言え、我々一人一人にとってよき時代になることを祈らずにはいられません。
平成から令和、時代は変わっていきますね。
スポンサーサイト



 ニュース関連

 令和 元号

0 Comments

Leave a comment