真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

久々のオーケストラ

実に久々(2か月)ぶりのオーケストラの練習であったとさ。

ヴィオリストに戻る日。

ちょいと広めに音程取って、ヴィブラートウィンウィンかけて、うおりゃーと弾いて。
久々すぎて感覚がつかめず(ていうかいきなり巨人の4楽章からとかやめてくれ)なかなか苦戦しました。

アンコールでやることになったモーツァルトのディヴェルティメントK.136の2楽章に癒されましたとさ。

指揮者のT氏が最近習ってるというヴィオラ・ダ・ガンバを持ってきてたので触らしてもらいましたw
結論としては構えにくかったですw
弓の持ち方もコントラバスのジャーマンボウと同じでいいかと思いきや、大分違いました。
しかし、ずっと廃れてた楽器の弓の持ち方とかどうやって調べてんだろうな。
スポンサーサイト

 Classical

0 Comments

Leave a comment