Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

Rise Again

あの地震はただの地震ではなかった。
我々の心に消えることのない傷跡と、放射能と言う名の絶望を残した。
もうだめかもしれん。そう思うこともあった。



ここから立ち上がれるのか、自信はない。この国がどうなるのか、全く分からない。
でも、せめて前を向いていよう。
いつか、心配してくれる友人たちにありがとう、と言うために。

戦後、という時代がハッキリと終わったのは阪神大震災と地下鉄サリン事件。
混迷の21世紀の到来を告げた9.11。
それに匹敵するカタストロフィックな災害。
被災地の方々の悲嘆はいかほどなのか。
そして、確実に大きな爪痕を残すであろう福島原発の事故。

日本だけにとどまらず、世界の価値観を揺るがす事象であることは間違いない。


我々は大きな価値観の転換を迫られている。
変わらなければ、生き残れない。
もっと、本質的なことに目を向けよう。
生きることとは、日々の暮らしを過ごすこととは一体何なのか。
よりよい社会にしていくためにはどうすればいいのか。

復興の為に、モノだけでなく心の復興の為に、少しだけそのことについて考えてみたい。
被災地のみなさんに、笑顔がもどりますように。
スポンサーサイト

東日本大震災 pray for JAPAN

0 Comments

Leave a comment