Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

Tatsuya Uchida in Celts

  • CATEGORYRock/Pops
  • PUBLISHED ON2011/ 07/ 08/ 00:21
  • COMMENT2
celts 0707


今日はケルツ内田達也さんのライヴでした。

クリスタルボウルという聞いたことのない楽器を使う、という物珍しさもあり、仕事が早く上がれることもあり参加して参りました。

基本的にはアコースティック・ギターでの弾き語り。ギターは平均律の楽器なので音の濁りが気になってしまう物なのですが、それを感じさせないクリアな音づくりでした。
ケルツではアイリッシュを聴くことが多いのですが、今日のアコースティックな響きは木造りのケルツに染み込むような音で、いつものケルツとは違った趣がありました。

オープニングの歌がすごく印象に残りました。"infinity"という言葉にすごい広がりを感じさせる歌だなぁ、と思いました。やはりアコギは上手い人が弾くと心に染み込む音になりますね。

crystal bowl1
こちらは件のクリスタルボウル。フェルトのバチでコーンと叩いて、ボウルの周りをそのバチでくるくる撫でるように回すと、何とも言えない深い響きがします。
グラスハープのようなものを想像していたのですが、サイズが結構大きいために非常に豊かな倍音を含んで、厳かに響きます。
このクリスタルボウルの響きと、声を共鳴させる、というのが面白かったです。
響き、という音楽の大きな要素を使ってこういうことをするのは音楽教育という観点からも興味深いものでした。

アンコールはデヴィット・ボウイ3連発!"Starman"はやっぱいいなぁ。

終演後は内田さんとお話する機会があり、ロックの話題で盛り上がりましたw
プログレからパンクから、久しぶりに色んなロックの話が聞けて楽しかったです。やっぱこういうのはいいのぅ。
U2について熱く語れたのはもはやブログ主にとって男の本懐をとげたような感じでしたw
アイリッシュパブでロック語るならU2だろU2!


楽しいひとときに感謝。
スポンサーサイト

内田達也

2 Comments

内田達也  

こんにちは、内田達也です。
反応がめちゃ遅くて申し訳ないです。
これも年齢によるものと、どうぞご容赦ください。

またゆっくりお話しましょう。

どうぞよろしくお願いします。^^

2011/11/28 (Mon) 12:51 | EDIT | REPLY |   

まう  

おお!お久しぶりです。あの時はお世話になりましたw

次ライヴがある際はまた宜しくお願いします。
次のアンコールはU2なんぞどうでしょうか?w

2011/11/28 (Mon) 18:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment