fc2ブログ

真・まうんてんの宿屋

フィドル奏者 井上陽介のBlog。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

聴き返してみよう!第9回 ラフマニノフ 交響曲第2番 続き

ラフマニノフ:交響曲第2番(完全全曲版)ラフマニノフ:交響曲第2番(完全全曲版)
(2002/03/06)
プレヴィン(アンドレ)

商品詳細を見る


こないだは疲れて寝たので続き。前回分はコチラ

2. II. Allegro molto
いわゆるひとつのスケルツォ。未だに2拍子のスケルツォっていうと違和感がなくもない。
形式はいわゆる一つのA-B-A-C-A-B-Codaってやつです。どれをトリオと呼んだらいいか分からんがmeno mossoがトリオってことにしとこう。
この演奏は割りとゆっくり目の演奏。もうちょっと突っ込み系な演奏が多いですがこれはこれで整っててキレイ。プロコフィエフやショスタコーヴィチに繋がる20世紀ロシアのダイナミズムを感じますな。ラフマニノフというと歌いまくりの酔いまくりな印象が強いですが、結構こういうスケルツォも書いてますよね。
んで、スケルツォ中間部はお約束のように歌いまくりの酔いまくり。お前はそんなに歌いまくりたいんかい!という勢いで歌ってます。
んで、スケルツォ回帰して爆裂して、それが消えてゆくと鋭い一撃と共にトリオ。トリオは粒立ったリズムでパキパキ進んでいきます。途中でイヤーなヴィオラのパートソロがあります。

3. III. Adagio
この交響曲の中では一番有名っぽいですね。古くはドラマ「妹よ」に使われてたそうな(岸谷吾郎と和久井映見)が出てたやつ)。最近は「私たちの教科書」っていうドラマにも使われてたとか。
ヴィオラのたゆたうような3連符に導かれて1stヴァイオリンが旋律を奏でます。ちなみに冒頭のヴィオラの3連符は入りにくくて緊張します。その後はクラリネットが息の長ーい大ソロ。ヴィオラとチェロがディヴィジで伴奏しますがこれがまたイイんすよ。
スポンサーサイト



 企画もの

 ラフマニノフ交響曲第2番

0 Comments

Leave a comment