真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

スパニッシュ・ケルト

a0790_000296_m.jpg


ケルト、というと現在ではほぼアイルランド。少し外れてスコットランドとウェールズくらいを指すニュアンスで使われてますが、昔はヨーロッパ全土にケルト人は生活圏を築いていました。
その痕跡はヨーロッパ中に残っており、中でもハルシュタット遺跡の発掘は記録を文字に残さなかったケルト人の生活・文化を知る上で非常に重要な一歩となりました。

という話を大学で学んだという話ですが。

ブリテン諸島以外にケルトの文化が色濃く残る地域としてはフランスのブルターニュやスペインのガリシアなどが挙げられます。
「借りぐらしのアリエッティ」で話題を呼んだセシル・コルベルはブルターニュの出身ですね。結構キャリアが長いことを知ってちょっとビックリしたのですが。

今回取り上げるのはこちら

Nau - Luar Na Lubre

ルアル・ナ・ルブレというバンドです。アイルランドの曲とは違って情熱的な気がする、というのはスペインという色眼鏡で見てるからかも知れんがw
フラメンコ・ギターを感じさせるような素早いギターカッティングもあり、ガリシアという土地の個性を取りこんだ音楽を聴かせてくれます。
スポンサーサイト

 World Music

0 Comments

Leave a comment