真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

サリーガーデンのヴァリアシオン

おいまだ俺様のブラックフィドルこねーのかよもう1ヶ月たってんぞコラァァァ!
と、思いながらその時の日記を見返してみるとまだ1ヶ月経ってませんでした。
生まれてごめんなさい。

まぁ、今届いてもフィドルを弾く余裕ないけどね♪

さて、第九まで1週間を切ってしまった昨今。というか8月に入ってからはフィドルは封印しております。さすがに第九を前にしてフィドルとヴィオラの両刀使いで行く余裕はブログ主にはござんせん。

が、やっぱりふとアイリッシュが弾きたくなることもあるわけで。


Down by the Salley Gardensをずっと弾いてました。ヴィオラの音域で弾けるのでw
なんとなくだけどコード進行が頭に入ってるので、アドリブで変奏したりして遊んでました。

いや、真面目な話、変奏曲というジャンルに結構向いてる曲の様な気がする。いつか真面目に作ってこっそりyoutubeにあげてみようw


久しぶりにこの曲を弾いて思ったのですが、、いつまでもいつまでも弾き続けたくなる曲ですね。最近アイリッシュ弾いてない禁断症状もあったと思うけどw
なんだか、不思議に懐かしい曲です。何故かはわからない。いつかこの曲の持つ懐かしさを表現できる日は来るんだろうか。
スポンサーサイト

 World Music

1 Comments

グレンコア  

No title

DVD面白かった?。あれ何回も観たけど普通の人向けじゃないよねぇ。
フィドルやら無いやつだと感動半減以下な気がするねぇ。(^^;;

2011/08/18 (Thu) 04:37 | REPLY |   

Leave a comment