真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

今日もおっとりな夜

IMG_0116.jpg


今日はオットリーズさんのライヴでした。
The O'Ttories オットリーズ

…とは言え仕事でライヴには行けず、セッションだけ参加してきたのですがw
申し訳ないっす。近頃多忙なもんで。


セッションですが、曲を忘れた。

待て。待ってくれ。
言いたいことはあると思うがちょっと俺の話を聞いてくれ。


8月はからつのジュニオケが終わるまでフィドルケースを開けなかったんだ。
いや、忙しかったんだ。んで、第九という大曲相手だったからヴィオラに集中してたんだ。


うん、多分半分くらい曲忘れてる。
何弾けたかが思い出せないレベルで忘れてる。
マジで何弾けたっけ、俺?
関係者がこのブログを見てないことを祈る。

今日弾いてきたのはkesh、Blarney Pilgrim、Toss the Feathers、Down by the Salley Gardens、John Ryan's Polka、G線上のアリア(オイw)です。

ちょっとレパートリーを発掘しなおさないといけなさそうです。

ただ、今日は前よりも周りのテンポと同調して自分なりの音楽を演奏できたような気がする。セッションという場を以前よりかは乱さず楽しむことができたかも。
こないだ受けたレッスン内容も少し反映できたかな。

アンサンブルについてはオーケストラでの本番を迎えたばかり、というのも大きいかも。やはりアンサンブルを鍛えるためにはオーケストラに参加するのは有効かもしれないですね。


オットリーズのみなさんが練習してたカロランの"Fairy Queen"という曲が良い曲でした。そろそろカロラン、勉強しようかな。

いつも暖かくセッションの仲間に入れてくださるオットリーズの皆さん、ありがとうございます。
アホフィドラーですがこれからもよろしくですw


~追記
オットリーズさんのブログで紹介して頂きました。感謝♪
そちらのブログにご挨拶コメントしようと思ったのですが、ちょっとコメントが反映されにくいっぽいので…wこちらでお礼させてもらいます。

いろんな曲を知ってらっしゃるし、セッションでもすごく合わせて頂けるので勉強になります。また、ご一緒させて頂けたらと思います。
スポンサーサイト

 World Music

0 Comments

Leave a comment