Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

最新のテクノロジーを導入する

タイトル、すげえ本格的だな。
いや、録音機材とチューナーを使うってだけなんだけど。


先程のセッションの日記でも書きましたが、最近小規模な合奏(いわゆるセッションとか)やレッスンを受ける時にはiPhoneを使って録音してみることにしました。使用アプリはこちら

Apple公式はコチラ↓
appstore


iPhone4は多分マイクもそれなりに高性能な為、オーケストラやブラスバンドを録音する!て訳でもなければ結構使えます。オケを録音してみたいですが、当分出る機会がないので何とも言えん。

pic bluefire

以前アイリッシュチューンを何曲かアップしましたが、その時の録音にもこのアプリを使っています。いずれはマイクを購入して高品質で録音してみたいですね。

録音は主に通勤時に車の中で聴いていますが、客観的に聴けるというのは大きな利点です。特にレッスンなどでは指摘を受ける理由や直す方向性が分かりやすくなるのでオススメ。

なお、最初に自分の音を録音してみると大概の人は死にたくなると思います。まあ、何というか、自分の黒歴史がほじくり返されてるような気分ですね。さらに言うと録音で自分の声を聴いた時のあの何とも言えない気分にも似てます。
意外に心が折れそうになりますが頑張りましょう。

チューナーも自分の音程練習に使ってます。音を取る時の自分のクセを把握し、指の感覚を修正するという意味では結構使える感じです。ただ、チューナーばっかに頼ってると色々と弊害もありそうなので頼り過ぎはあきまへん。


録音とかチューナーとか、そういうものを練習に導入することには正直けっこう否定的なところはありました。だけど正しく使えば結構役に立つもんかなぁ、という気もしてます。
スポンサーサイト

2 Comments

グレンコア  

どもども(^ー^)ノ

ありやとしたぁ~(^ ^)まだ使ってないけど。

2012/02/26 (Sun) 21:18 | EDIT | REPLY |   

まう  

wifiで簡単にPCに移動できるので便利ですよ、コレ。

2012/02/27 (Mon) 00:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment