真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

ペッパー軍曹


Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band - The Beatles

60年代の金字塔と言われるアルバム"Sgt. Pepper's~"よりタイトル・トラック。
ビートルズの創造性が最もノっていた時の作品。この時のセッションで"Strawberry Fields Forever"や"Penny Lane"なども生み出されたというから恐れ入る。

前作"Revolver"とは一味違ったヘヴィなサウンドは当時驚きをもって迎えられたのではないかと思う。"Got to Get into My Life"に続いてホーン・セクションが前面に押し出されているところも聴きどころだ。やはりこういうアレンジを聴くとジョージ・マーティンのようなプロデューサーの果たした役目は計り知れないと感じる。

スタジオ・ワークの技が光る作品だが、ライヴをしなくなってしまったことが結果としてビートルズのバンド生命を縮めたのは間違いない。そう考えると何とも言えないものがある。ストーンズやキンクスの息の長さを考えると、ねぇ。
スポンサーサイト

 Rock/Pops

0 Comments

Leave a comment