真・まうんてんの宿屋

アイリッシュフィドルを演奏しています。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

Riverdance 楽譜

せっかくリバーダンスの楽譜耳コピで作ったので貼りますw
曲の中の一部、しかもメロディだけなのでご不満な方はご勘弁を。
なお、楽譜画像はクリックで拡大します。

img1664_w28.jpg
あ、間違った。



Reel Around the Sun (1)-1
・Reel Around the Sunより前半部のリール
テンポはリールとしては遅めのテンポです。キーがGに転調してからポジションシフトが出てきます。2ndで取るのがベターかな。



Reel Around the Sun(2).mscz-1

・Reel Around the Sunより後半部のリール
ダンサー勢揃いの後半のリール。カッチョいい。カッチョいいんだけど、速い。とは言いつつ弾いてみるとそんなにめちゃめちゃ速いわけでもないw移弦の練習がカギになると思われますw弾いてると焦って速くなるので自分に酔いながら余裕で弾きましょう。2小節目と5小節目以降の16分音符は4つずつスラーで繋げるのがベターかと。

追記:この部分について、耳コピをやり直した楽譜を上げました →Reel Arond the Sun(new ver.)



Riverdance (1)-1
・Riverdanceより前半部のスリップ・ジグ
8分音符3つをスラーで繋げるか一つずつ返すかはお好みで。リバーダンスの曲に共通して言えることですが、途中に拍がずれるところが何箇所かあります。



Riverdance (2)-1

Riverdance (2)-2

・Riverdanceより後半部のスライド・ジグ?
ジグなのか何なのかよくわからん曲。変拍子なので楽譜だけみるとアレですが、元曲聴いてから弾いてもらえばそんなに分からん感じではないはず。変拍子は小節分けようかともおもいましたが、小節でまとめるならこの書き方がいいかなぁ、と思います。後半は6/8ですが、拍感がずれるところもあり。スラーは何箇所か付けたのを参考にしてみてください。6/8はセオリー通りに8分音符3つずつでスラー付けるのがいいと思います。曲のテンポ的にスラーなしは軽く死ねます。


あと、追記を。
プラルトリラー
Aの記号をプラルトリラーといいます。なのでAの記号が付いてる場合はBのように弾きます。とは言え、この場合はクラシカルな装飾ではなく、あくまでカットとして入れるようにしてください。真面目に装飾音記譜しようとすると楽譜が訳分からんくなるのでこう書いてます。

決してカットの音符を書き込むのがめんどくさかった訳ではありません。ええ、決して。

間違いがあるかもしれんのでそんときはコメントで指摘してくれると嬉しいですw
スポンサーサイト

 Irish 楽譜・録音

0 Comments

Leave a comment