Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

虐殺者、その名はマリオ

動物愛護団体が「スーパーマリオ」批判 「タヌキマリオは毛皮を肯定」

このコピペ思い出した。※下ネタアリなので子供は見ないようにw
回れ右!





↓帰りましたね?






なんで、あんな酷いセクハラ作品が子供たちに大っぴらに売られているのでしょう?
まず、男二人が主人公で、捕まるのは女性。これは明らかに女性差別です。
主人公が好色なイタリア人の男。これも子供の教育にはよくありません。
特に二人のあの鼻!!卑猥すぎます。
そして敵がクリボーにノコノコ。これらはキノコに亀です。
明らかに男性器を象徴しています。
それにクリボーってなんですか!!クリ○リスと棒を合体させた非常に卑猥なネーミングですよ。
パワーアップアイテムもそうです。キノコに花。これも男性器と女性器です。
しかも、大きくなるんですよ。勃起です勃起。子供には早すぎます。
あのスターってなんですか?よく男性の読むいかがわしい漫画で女性の乳首や性器を
隠すのに用いられるのが星マークですが、それが逃げる、マリオが追いかける、
こういった姿は見せたくないものを無理やり剥ぎ取ろうとするレイプを
連想させます。あぁ、もう言い尽くせません。
大きくなったり、土管に入る、ブラックパックンッフラワーなんて
もう言うまでもない下品なキャラクターばかりのこの作品。
女性の地位向上を阻んでいますよ。皆さんもそう思いますよね?



まさか現実世界でこのコピペ級のネタを見ることになろうとは。
なぜこの手の団体はこういうことを真顔で言っちゃうのか?
「実はギャグだよ~んへへへ」とドッキリカメラを行う為の布石なのか?
ヤク打ち過ぎたのか?
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment