Welcome to my blog

真・まうんてんの宿屋

ARTICLE PAGE

市川森一さん逝去

脚本家の市川森一さん死去=70歳、「黄金の日日」「ウルトラマン」シリーズ

子供のころウルトラマンが大好きだった身としては、何とも寂しいニュース。
とは言え、市川さんがウルトラシリーズの脚本を書いてたなんてこと、大人になるまで知らなかったんだけど。
知った時はそらビックリしました。映画やドラマをあまり見ない自分ですら知ってたようなビッグネームな方でしたから。

今回初めて「太陽にほえろ」「傷だらけの天使」などの脚本も執筆していたことを知りましたが、子供のころ再放送で見てたドラマの脚本も書いてたんだなぁ、と思うと何とも不思議な気分です。

「ウルトラセブン」などで氏が執筆した脚本に出てくる怪獣・宇宙人は聖書や神話に由来するものがたくさんあり、氏もクリスチャンであるということは師匠に聞きました。
考えてみれば、ウルトラマン達はよく十字架に磔にされますがあれは明らかにキリストのメタファーですよねぇ。
デウス・エクス・マキナ的な意味での神、それとも宗教的な意味での神を描くのか、それともウルトラマンの神性を否定するのか。ここらへんは未だに定まってない感じはしますが、市川氏はやはり神性を強く打ち出したヒーローを描きたかったのでしょうか。

ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment