FC2ブログ

真・まうんてんの宿屋

フィドル奏者 井上陽介のBlog。福岡近郊のパブに出現。なんか最近やきうネタ増えた。

レパートリー強化週間

大阪までレッスン行ったり、若ーいバンドの人たちと一緒にやらせてもらったりして、テンション上がる今日この頃。この勢いを利用してレパートリーをちょいと増やそうと頑張ってます。てかレパートリーの少なさを改めて痛感したので…w

わけてもリールの少なさは最早目を覆うレベルで、最近はまともに弾けるのは"Drowsy Maggie"と"Toss the Feathers"くらいという体たらく。覚えてもどんどん忘れてくのよね…w
リールはボウイングを付けるのが難しくてほったらかしてたところもあるし、リズムが上手く取れなくてほったらかしてたところもある。

とりあえず、覚えかけでほったらかしてた曲のボウイングなどを一から見直し!


Irish Fiddle Solos (Schott World Music Series)Irish Fiddle Solos (Schott World Music Series)
(2004/04/07)
Pete Cooper

商品詳細を見る


この曲集はボウイングがちゃんと付けてあるのでそれを真似してボウイングやオーナメント付けたのがこちら。

Mountain Road - The Banshee-1
(クリックで拡大)

なるべく2拍目と4拍目にダウンが来るようなボウイングにしてます。ロールはともかく、トリプレットの入れ方が強引な気もするが気にするな。
ちなみにトリプレットはアップから入る弓使いにしてるのでアップでのトリプレットが苦手な方は適当に調整するとよさげ。省略しても特に問題はないと思います。

他の楽器と違って、フィドルはボウイングを付けないと弾きにくい・リズムが死ぬ・覚えられないの三重苦となります。したがって、耳コピするにしろ簡単でいいので楽譜は作っといたほうがいいと思います。楽譜が手元にあればボウイングを書き込んだり、オーナメントを追記したりと、メモ代わりに使えます。

ボウイング付けるのも難しいんだけどね。

フィドルの場合は↑のようなボウイング付きの曲集で練習するとボウイングのいい勉強になります。オススメ。
ただ、↑のはマイナー気味な曲が多い気がしなくもない。本場だと十分メジャーかもしれんが。

この2曲に加えて"The Gravel Walks"、"The Flogging Reel"もだいぶ弾けるようになってきました。しばらくは音が少なそうな奴中心に練習しようと思います。あー疲れた。



(2014.1月追記)
Youtube等の音源を貼っておきます。

1曲目が"Mountain Road"。ボウイングは上記の楽譜とはかなり違うと思いますが…w
ゴールウェイやウェストポートのパブでもけっこう出てきたのでかなり人気の高いチューンだと思います。
セッション参加するなら必須!なチューンかも。



こちらは"The Banshee"。ちなみにこのチューンもかなりメジャーな方だと思います。
セッション楽しそうだーw

この2曲は多分セッションやる人はみんな知ってるんじゃないかなーてくらいのメジャーなコモン・チューンです。
ぜひぜひトライしてみてください。
スポンサーサイト



 Irish 楽譜・録音

0 Comments

Leave a comment